投資で儲かる仕組み

投資で儲かる仕組みにはキャピタルゲインとインカムゲインがあります。
投資で儲かる仕組みのキャピタルゲインとは売買差益のことです。
株式取引やFX取引、不動産取引においては安く買ったものを高く売ります。
このように安く買ったものを高く売ることによって利益を得るのです。
キャピタルゲインでは比較的に大きな利益を狙うことができます。
例えばFX取引においてドル円を1ドル100円の時に10枚のポジションを買っていたとします。
それが1ドル110円になったところで決済すると100万円の利益が出ることになります。
また、株式取引ならば例えば1株10万円の銘柄を100株で買ったとします。
この株が1株20万円になった時点で決済したならば、その取引で得る利益は1000万円の利益が得られるのです。
このような利益のことをキャピタルゲインといいます。
キャピタルゲインは投資で儲ける仕組みで大切な要素といえます。
次に、投資で儲かる仕組みのインカムゲインとは利回りのことです。
株式取引では配当金、FX取引ではスワップポイントで不動産取引においてはその家賃収入から得られる利回りのことになります。
インカムゲインの特徴はその利益が堅実で継続性のあるものだということにあります。
例えば不動産取引において1000万円の物件を購入したとして、この物件を月々10万円で賃貸として運用するとします。
そうすると年間に120万円の利益になり購入価格の1000万円から考えると年間の利回りが12%あると考えられます。
このような利益を出し続けることが可能なのです。
投資ではこのキャピタルゲインとインカムゲインの仕組みを利用することによってお金を儲けることができるのです。